さかつれづれ

さかりょうの雑記帳です。

MacBook Air 2019にキーボードカバーと液晶保護フィルムを装着してみた

f:id:sacalyo:20200925144515j:plain

さかりょうです。
今朝の体温は35.8℃、血圧は123/78でした。


MacBook Proは購入してすぐから、キーボードカバーと液晶保護フィルムを装着していました。

キーボードカバーについては、デスクトップ用キーボードや外付けキーボードと違い、ノートパソコンのキーボードが清掃しにくいと感じているので、隙間へのホコリ&ゴミを防ぐために。

液晶保護フィルムは反射防止のためにアンチグレアを。


装着について賛否両論あるのは承知しています。

今回、装着するかどうか悩んだので、MacBook Airを注文した時点では準備しませんでした。

が、届いて設定をしていくうちに、キーボードの隙間が気になり、画面の美しすぎる美しさが気になり(褒め言葉です)、とりあえずお手頃価格のものをお試しで購入してみました。



キーボードカバー

Digi-Tatooの製品を買ってみました。

MacBook Proに装着していたのは黒いシリコンカバーでしたが、カバー自体にホコリが付き、皮脂汚れも目立つので、今回はシリコンではなく「TPU」を。

そして、カラーのカバーは印字されているフォントが気になるので、クリアタイプを。


f:id:sacalyo:20200925144621j:plain

f:id:sacalyo:20200925144642j:plain

水洗いできるようです。


f:id:sacalyo:20200925144655j:plain

中は、カバーと補強のための厚紙だけでした。


f:id:sacalyo:20200925144707j:plain

装着前。


f:id:sacalyo:20200925144718j:plain

装着後。

キーボードの美しさが損なわれる!と思われるかもしれませんが、カバーせずに使っていても汚れてしまうから......


f:id:sacalyo:20200925144732j:plain

もちろん、Touch IDの部分はカバーがありません。


打ち心地については、私は全然こだわりがないので、気になりません。

排熱処理が気になりますが、もしファンが回り出したら、カバーを外そうと思っています。
(なので、貼り付けるタイプではなく被せるタイプにしました)


液晶保護フィルム

液晶保護フィルムは種類が多くて、商品名のところに特徴がたくさん記載されていて、正直選ぶのに疲れてしまいました。

アンチグレアで気泡のできにくいもの、そして貼り直しに備えて2枚入りの物を購入した次第です。


f:id:sacalyo:20200925144813j:plain

f:id:sacalyo:20200925144823j:plain

いろいろ書いてあるけれど......まあ、はい、って感じです。


f:id:sacalyo:20200925144833j:plain

フィルム、クロス、ウェットシート、ドライシート、ホコリ取りシール、がそれぞれ2つずつ。

手順の説明、なぜかトラックパッドフィルムの貼り付け手順が記載されたカード(トラックパッドフィルムは付属していません)。


で、貼ってみたのですが......

まず、手順のイラストとフィルムについているラベルの位置が逆なんですよね。

そこで、どちらを画面側に向けるのか悩んでつまづきました。

フィルムの両面には保護シートが付いているわけですが、どちらも剥がしにくい。

さらに、縦横のサイズはギリギリっぽいのに、四隅のカーブとカメラ穴が曖昧


結果、1枚目は完全に失敗しました( ; ; )

そして、2枚目は気泡だらけ。1日置いても気泡が残っています。

後日、剥がそうと思っていますが、なぜすぐに剥がさないかというと。

キーボードカバーに付く皮脂汚れが画面に移ってしまうからです。
(MacBook Proの画面もフタを開けるたびに汚れています。フィルムを貼っているので拭けば済みますが)


Amazonのレビューは高めですが、その理由を知りたい方は「サクラチェッカー」を確認するか、さかりょうのTwitterへDMをいただければお答えします。


終わりに

賛否両論なキーボードカバーと液晶保護フィルム、あなたは装着しますか?

ちなみに、トラックパッドフィルムと本体のシェルケースは装着しません。そこまで必要ないかなって。


きょうはここまで(^^)/