さかつれづれ

さかりょうの雑記帳です。

スタンプ収納を見直しました

さかりょうです。

YouTube動画公開しています。

youtu.be

youtu.be


山田化学のシール収納ケースS。

ダイソーとセリアで購入しました。

デコラッシュやバーサマジックデュードロップを収納するのにピッタリと聞いて(どなたの動画だったか失念してしまいました。ごめんなさい)。


厚みはこんな感じ。


下に穴が空いています。シートシールを取りやすい工夫みたいです。

また、表の四隅に凸、裏の四隅に凹があり、ケース同士をピタッと重ねることができます。


いろもようわらべ、バーサマジックデュードロップ、Xスタンパーの補充インキ、わたしのいろ、いろもようは問題なく収まりました。たいていのスタンプパッドは大丈夫だと思います。


一般的なスタンプも収まります。

セリアのクラシックフレーム/クラシックレター、ダイソーのスタンプたち、ジャポニカ学習帳スタンプ。

黒い缶はセリアで買ったもの、中にはASANELのスタンプが入っています。


オールパーパスパッドはほかのスタンプパッドより低いので、ケースの中でぐらつきます。

セリアの回転印、Amazonで買ったローラースタンプは大丈夫です。

回転印のデザインが覚えられないので、パッケージをふたの裏に貼り付けました。


ミドリの回転印はセリアで買ったクリアポーチに。

こちらもデザインが覚えられないので、パッケージを折り曲げて入れてます。


中はこんな感じ。

回転印専用のケースが販売されてますが、ひとまずこのポーチでいいかな。


ソニックのリビガク勉強バッグには入りきらないので、無印良品のスチール工具箱に。

クリアスタンプや小さいアルファベット/数字スタンプ、雑誌付録のスヌーピー缶入りスタンプセット、シヤチハタの黒スタンプパッド、たけちよさんの宝箱すたんぷ、隠れていますがダイソーのラバースタンプも収めました。

そのほかは、工具箱を置いた場所にもともと置いていた紙物などです。


工具箱を開いて収納に使うのは、Xの投稿を見て知りました。

その方は、ディスプレイを兼ねてトラベラーズノートなどを素敵に収納されていたんです。

YouTube動画を参考にされたとお聞きして、私もその動画を拝見しました。

youtu.be


東洋スチールのトランク型工具箱を使われていますが、私が見たときはたまたまAmazonのお届け日数がかなり先になっていました。

無印良品に似たようなものがあったよなーと思い出して、無印良品の「スチール工具箱 3」を買いました(東洋スチールのOEMなのかな?)。


私の場合は取りやすいように詰め込んだだけですが、目の前にスタンプを置いたことで、とても使いやすくなりました。

収納に完成形はないと思うので、使いながら改良しながらが続くことでしょう;)


クリアスタンプの収納方法

さかりょうです。

YouTube動画公開しています。

youtu.be


セリアで購入しました。

A6 フロストファスナーケース

B6 クリアホルダー


クリアホルダー2枚の閉じている部分(ノドと底)をビニールテープでくっつけて、収納部屋を3つにしました。

ファスナーケースは両面テープでクリアホルダーに貼り付けています。


ファスナーケースにはアクリルブロックの小サイズ・中サイズを。

クリアホルダーのそれぞれの部屋にクリアスタンプを1セットずつ。


クリアスタンプとアクリルブロックを一緒に収納したことで、使いやすくなりました(^^)

このファスナーケースは触り心地がすべすべしていて良いです。


小さいアルファベット&数字スタンプの収納方法

さかりょうです。

YouTube動画公開しています。

youtu.be


小さいアルファベットや数字スタンプは、こういう小箱に入っています。

使いたいものを一文字ずつ取り出すのも、使い終わって仕舞うのも、ちょっと面倒。


どうにかならないかなーと思っていたら、YouTubeチャンネル「クリームソーダと手帳のある暮らし」さまの動画で、セリアのランチピックスケースを使う方法を紹介されていました。


ランチピックを1本ずつ収納できるケースに、スタンプを収納するというわけ。

このケースをすでに購入して持っていたのに、全然思いつきませんでした。

「じゃない使い方」に尊敬と感謝(^^)


アルファベットスタンプは、雑貨店の福袋に入っていたもの。

メーカーは不明です。

持ち手の長さ約4cmで、ぴったり収まります。


数字/月/曜日スタンプは「こどものかお」のもの。

持ち手の長さ約3cmで、すっぽりはまって取れなくなるので、重ねたコットンを敷いて底上げしています。


「クリームソーダと手帳のある暮らし」さまは、おそらく持ち手3cmぐらいのスタンプを収納されていて、分割パーツをフタ側にセットしていました。

私も試してみたところ、数字などのスタンプにはちょうど良いんですが、アルファベットスタンプは1cm長いのでグラグラしてしまいます。

なので、底上げを採用しました。

コットンだからふわふわするし、改良の余地ありです。


ちなみに、うちにはランチピックはありません。

ランチピックを収納するケースがあることすら知りませんでしたが、少し前に文具王さんが万年筆のインクカートリッジやコンバーターの収納ケースとして紹介されていて、真似してみよう!と購入したんです。

しかし、このケースに収納するほどの量を持っていなかったので、使わずに保管していました(^^;;


システム手帳に付箋置き場とシール置き場を作った話

さかりょうです。

YouTube動画公開しています。

youtu.be


持ち歩き用のシステム手帳、ロロマクラシックM5に付箋とシールの置き場所を作りました。

こちらは付箋置き場。

クリアファイルを使いました。

付箋はプラザで買ったスティッキーノートPSS、18mm×50mm。

ひとまず使うのはこのサイズだけなので、片面だけ貼り付けました。

もっと持ち歩きたいときは、蓋になる面にも貼れます。


ロロマクラシックのポケットに差し込みます。

今回は表紙側に。


こんな感じでピッタリ収まりました。

1面のサイズは横60mm×縦100mmです(だいたい)。

動画内では、手で押さえないと立ってしまっています。

今は60度ぐらいまで倒れてきているので、そのうち馴染んでくれるのでは...


こちらはシール置き場。

以前作ったM5用クリアフォルダーのサイズを少し調整して流用。

クリアファイルの折り目を活かしてカット、穴を開けたものです。

穴には切り込みを入れて、付け外しが簡単にできるようにしています。

貼ったシールは、セリアで購入したGAIAのポイントステッカー タイル。

もちろん、蓋になる面にも貼れます。


ひとまず、ページファインダーの前にセットしました。


付箋とシールを持ち歩くことにしたのは、in my roomの三瀬さんが提唱されている「邪道デコ手帳術」を真似しようと思って。


リフィル数枚に付箋とシールを貼って綴じてみたんですが、やはり付箋とシールを持ち歩きたいなぁと。

実際に使ってみたところ、付箋置き場は何の問題もないです。

シール置き場は、綴じる場所を再考したいかな。

これまで書き終わったリフィルを一番後ろに綴じていたところ、持ち歩きのシステム手帳をロロマに変えてから、ページファインダーの前に移動したんですよね。

書き終えて、ページファインダーをめくるとシール置き場があるので、あぅ......となってます。

慣れるまでこのままいくか、シール置き場の場所を変えるか。

あと、普段はピンセットで台紙からシールを剥がしているので、指で剥がすのが難しいです(笑)。


使い道がないもの

さかりょうです。

フライングタイガーで購入した「プランナーパッド」。

「デイリープランナー」で検索すると、これとは違うデザインのものがヒットするので、リニューアルしたのかな?

左が6時〜23時までの時間軸、右がタスクリストと完了タスク、下がメモスペースです。

よくあるフォーマットだと思います。


レポートパッドみたいに天糊でくっついていて、1枚ずつ剥がせます。

裏面に印刷はありません。表紙もありません。


一番後ろは厚紙です。

ラベルはちょっと斜めに貼ってあります(^^;;

50枚なんですね。

購入価格は税込275円でした。


サイズは縦20cm・横14cm、 A5より少し小さめです。

A5サイズのノートに貼って使うのを想定しているのかも。

例えば、時間軸のついた1日1ページ手帳を毎日使う必要はないけれど、タスクがたくさんある日とか、休日とか、イレギュラーで使いたい場合に良さそうだなと思いました。


で、私もそういう日が来たら使おうと思ってあたためていたんですが、やって来ない(笑)。

振り返ると、使えそうな日はあったような気もします。

でも、忙しすぎて使う暇がなかった(^^;;

「こんなふうに使ってみました!」と紹介するつもりだったのにごめんなさい。

いつか使う日が来るまで寝かせておくか、フォーマットを無視してただのレポートパッドとして使うか、さらに無視して裏面を使うか、かな;)