さかつれづれ

さかりょうの雑記帳です。

watchOS 7にアップデートしたけれど

f:id:sacalyo:20201002182436j:plain

さかりょうです。
今朝の体温は35.8℃、血圧は123/79でした。


2018年4月に購入して使っているApple Watch Series 3。

Series 6とSEが発売開始となりましたが、Series 3は販売継続されており、watchOS 7へのアップデート対象機種です。


しかし、空き領域不足でアップデートできないと怒られ。


なぜか、ペアリング解除 → 再ペアリングで空き領域が増え。


f:id:sacalyo:20201002182533p:plain

おかげさまで、watchOS 7にアップデートできました。

わーパチパチ。


20時55分から始まり、終わったのは24時24分。

3時間30分ぐらいかかりましたね。


f:id:sacalyo:20201002182545j:plain

アップデート後は、容量が「4.8GB」 →「4.2GB」となりました。

なんだか不安になっちゃいますね。

昔使っていたPerformaは500MBだった、ボンダイiMacは4GBだった、だから(?)大丈夫だよ、と自分に言い聞かせています;)


watchOS 7の新機能「手洗いタイマー」。

手洗いを検知して、20秒のタイマーが開始されるというもの。

面白そう♪と楽しみにしていたんですが、設定Appのどこを探しても「手洗い」がありません。

なんと、Series 3は対象外のようです( ; ; )


f:id:sacalyo:20201002182618p:plain

watchOSの大きなアップデートのときは新しい文字盤が提供されます。

今回のwatchOS 7もいろいろ増えていますが、Series 3に提供されたのは「アーティスト」のみ。

気分転換に、設定しましたけどね。


というわけで、大騒ぎしてアップデートした割に......

Series 3をwatchOS 7にアップデートする必要性って......

f:id:sacalyo:20201002182634j:plain

通知のバッジが消せた、それだけって感じです;

動作が安定しているかどうかは、しばらく様子を見ます。


購入当時は36,800円だったSeries 3(GPSモデル・38mm・アルミニウム・スポーツバンド)。

現在は税込21,780円で購入できますが、SEの一番安いモデル(税込32,780円)のほうが楽しく使えると思います、はい。


きょうはここまで(^^)/