さかつれづれ

さかりょうの雑記帳です。

仕事のメモ、試行錯誤

さかりょうです。
今朝の体温は36.4℃、血圧は123/74でした。



LINEが連絡網

仕事上の連絡はLINEが9割です。
(あとの1割は口頭、メール、電話)


部署ごと、業務内容ごとにグループがあって、私はいくつものグループに属しています。

連絡が来るのは、仕事中よりも、それ以外の時間帯のほうが多いです。
別の仕事をしているときもあれば、完全にプライベートな時間のときもあります。
(早朝、深夜、休日構わず来ます)

仕事中であれば、即対応したり、仕事用のノートに書き込んだり、付箋に書いてノートに貼ったりできるんですが、仕事用のノートはセキュリティーの関係で持ち出せないので、職場以外で連絡を受けた際にどうするか、という問題が出てきます。

最初は、とりあえず「連絡を受けた」ということを覚えているので、翌日出勤してから、LINEを見返していました。

でも、連休中に連絡を受けたり、自分が対応しない件が流れてきたりして、出勤までに間が空くと見返すのも大変です。


LINEに「メモ」グループを作る

そこで、LINEに「自分ひとりだけのグループ」を作って、自分が担当する内容だけをそのグループに転送することにしました。
職場の外で思い付いたことも、そのグループに投稿する形でメモを残します。

出勤したら、そのグループトークを開いて、仕事用のノートに転記して、LINEのほうは削除します。

しばらく、この方法で問題なかったのですが、業務内容が増えてきたり、長文で連絡が来たりすると、また見辛くなってしまい、長文の間に挟まった短文の連絡を取りこぼしたりすることも。

LINEって、吹き出しの大きさが画面の2/3ぐらいじゃないですか。
しかも、私は画面の小さいiPhone SEなので、余計に長文が見辛いんですよね。


原点回帰?

どうしたらいいかな?と考えて、最近、アナログのメモ帳を使い始めました。

自宅で受けた連絡はメモ帳に手書きして、出勤して対応したら取り消し線を引きます。
外で受けた連絡は、今まで通り、自分ひとりだけのグループに転送しますが、帰宅したらメモ帳に転記するようにしています。

メモ帳だと、自分に分かりやすい言葉で要点だけ書けるので、見やすくなりました。
(LINEは「お疲れ様です」に始まり、全てが文章なので、パッと見て要件・要点が分かりづらいんですよね)

もちろん、セキュリティーの面からメモ帳に書けないことは書きません。
それは「◯◯の件 LINE見る」と書くようにすればいいかなと。

今週から運用開始したばかりなので、しばらく続けてみます。


まとめ

文房具大好きな私は、過去に衝動買いしたメモ帳が何冊もあるので、その中から、小さくて薄いものを試しています。


さかつれづれ

さかつれづれ

  • さかりょう
  • レジャー
  • ¥0

RSSフィードhttps://radiotalk.jp/rss/f123aeb7b20a9cda

きょうはここまで(^^)/